【キッチンづくり】アイランドキッチンの事例紹介!使いやすい設計のポイント、注意点など
太陽光発電とリビングロフトのある家(FPの家)(株式会社長谷川工務店)

【キッチンづくり】アイランドキッチンの事例紹介!使いやすい設計のポイント、注意点など

2021.04.28

最近は、ダイニングスペースやリビングスペースと対面となった「カウンターキッチン」が人気を集めています。中でも開放感にあふれ、洗練された雰囲気の「アイランドキッチン」に、憧れを抱く人も多いでしょう。

「SNSで見かけたアイランドキッチンがおしゃれ過ぎて、頭から離れない」
「作業スペースも大きいし、カウンターに出入りしやすそう…」

たしかに、アイランドキッチンがあるというだけで、LDKが少しおしゃれになります。作業スペースが大きいのも、カウンターに出入りしやすいのも事実です。

しかし、アイランドキッチンほど使う人を選ぶキッチンはありません。よく考えずにアイランドキッチンを選ぶと、後悔するかもしれません。

そこで今回は、アイランドキッチンのメリットとデメリットを、細かく紹介します。設計時の注意点やおすすめできる人の特徴も、写真付きの施工事例もお見せするので、ぜひ参考にしてください。

アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンとは、壁と接する部分のないカウンターキッチンのことです。部屋の中に、キッチン台が島のように浮かんでいることから、アイランドキッチンと呼ばれるようになりました。

ペニンシュラキッチンとの違い

アイランドキッチンと混同されやすいのが、ペニンシュラキッチンです。アイランドキッチンとの違いは、キッチンカウンターの一部が壁に接している点にあります。

ペニンシュラとは「半島」のことであり、キッチン台が壁からせり出した半島のように見えることから、ペニンシュラキッチンと名付けられました。

カウンターキッチンとの違い

カウンターキッチンは、対面式のキッチンの総称です。カウンターキッチンの中で、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどの細かな区分があると考えると、わかりやすいでしょう。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンには、ほかのキッチンにはない魅力がたくさんあります。まずは、アイランドキッチンならではのメリットを5つ紹介します。

開放感がある

アイランドキッチンのメリット、1つ目は唯一無二の開放感です。

壁と接することのないアイランドキッチンには、ペニンシュラキッチン以上の開放感があります。キッチンカウンターから部屋全体を見渡せるので、料理をしながらお喋りをしたり、子どもの様子を見たりできます。

見た目がおしゃれ

アイランドキッチンのメリット、2つ目は見た目がおしゃれなことです。

開放感あふれるアイランドキッチンでは、おしゃれな印象を作りやすいです。キッチンカウンターそのものが、1つのインテリアになるといっても過言ではありません。

キッチン台の天板をスタイリッシュな質感のものにしたり、見せる収納をしてみたりと、デザインや使い方に凝ってみましょう。

個性を出しやすい

アイランドキッチンのメリット、3つ目は個性を出しやすいことです。

アイランドキッチンは、ペニンシュラキッチンや壁付キッチンと比べると、珍しい部類に入ります。「アイランドキッチンがある」というだけで、ほかの家にはない個性が出せるでしょう。

複数人で料理しやすい

アイランドキッチンのメリット、4つ目は複数人で料理しやすいことです。

壁と接する部分のないアイランドキッチンは、複数人で料理するのに最適。家族や友だちとキッチンカウンターを囲んで料理をしても、窮屈に感じることはないでしょう。

せっかくのアイランドキッチンです。みんなで広々と作業できるよう、キッチンカウンターはなるべく大きめに取りましょう。

コミュニケーションが取りやすい

アイランドキッチンのメリット、5つ目はコミュニケーションが取りやすいことです。

ダイニングスペースと対面になったアイランドキッチンでは、料理をしながら家族や友だちとお喋りしたり、同じテレビ番組を見たりできます。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンにはメリットも多い反面、デメリットもたくさんあります。深く考えずにアイランドキッチンを選ぶと、後悔したり、リフォームをすることになったりしかねません。

次からは、アイランドキッチンのデメリットを5つ紹介します。デメリットをきちんと把握し、本当にアイランドキッチンが必要なのか、冷静に考えましょう。

広いスペースが必要

アイランドキッチンのデメリット、1つ目は広いスペースが必要になることです。

アイランドキッチンは、さまざまな種類のキッチンの中で、最も広いスペースを必要とします。キッチンカウンターそのものが大きく、壁との間にスペースを開けなければならないからです。

キッチンカウンターをダイニングスペースに寄せて配置することも多く、それ相応の敷地面積がなければ、窮屈に感じてしまうでしょう。

家具の配置が難しい

アイランドキッチンのデメリット、2つ目は家具の配置が難しいことです。

壁から離れているアイランドキッチンでは、収納スペースの確保が難しいです。キッチンカウンター両脇のスペースを塞がないように、食器棚や冷蔵庫などを置かなければなりません。

カウンター背面やキッチン台の下だけでなく、カウンター上も見せる収納として使い、収納スペースを確保する必要があります。

キッチンが丸見えになる

アイランドキッチンのデメリット、3つ目はキッチンが丸見えになることです。

アイランドキッチンには、基本的に「目隠し」がありません。キッチンカウンターの上が散らかっていては、開放感があるというメリットも、乱雑なキッチン台が丸見えになるというデメリットに変わってしまうでしょう。

こまめな片付けの苦手な人には、キッチン台に目隠しを設けやすいペニンシュラキッチンをおすすめします。

においが広がりやすい

アイランドキッチンのデメリット、4つ目はにおいが広がりやすいことです。

アイランドキッチンには、ダイニングスペースやリビングスペースににおいが広がらないようにする「壁」がありません。窓の配置を工夫したり、高性能の換気扇を取り付けたりといった対策が必要です。

価格が高い

アイランドキッチンのデメリット、5つ目は価格が高いことです。

アイランドキッチンのデメリットを軽減し、メリットを活かすためには、それ相応の費用がかかります。におい対策に高性能な換気扇が必要になり、収納スペースを確保したりインテリアに統一感を出したりするために、オーダーメイドする部分も増えるでしょう。

一般的なキッチンと比べて、アイランドキッチンの価格は1.5~2倍ほどになることもあります。

設計時の注意点

アイランドキッチンのメリットを活かすには、いくつかの注意点があります。
アイランドキッチンを設計するときには、次の3つのことを意識しましょう。

・部屋全体でインテリアのバランスを取る
・ダイニングスペースやほかの部屋が狭くならないようにする
・アイランドキッチンが本当に必要なのかよく考える

たしかに、アイランドキッチンはほかのキッチンと比べておしゃれに見えます。しかし、それは部屋全体でインテリアのバランスが取れているからです。インテリアに統一感がないと、大きくて収納もしづらい、使いにくいだけキッチンになってしまいます。

アイランドキッチンに固執するあまり、ダイニングやほかの部屋のスペースを犠牲にするのもおすすめできません。

何より、アイランドキッチンが本当に必要なのか、よく考えてください。アイランドキッチンを活かせるのは、複数人で料理する機会や、友だちを招く機会の多い家庭です。スペースが足りない場合や、料理中に家族と話したりテレビを見たりしたいだけなら、ペニンシュラキッチンで十分でしょう。

アイランドキッチンがおすすめの人

アイランドキッチンほど、使う人を選ぶキッチンもないでしょう。家づくりのときは気分が盛り上がり、変わったデザインや間取りを作りたくなるものです。本当にアイランドキッチンでなければならないのか、冷静になって「家を建てた後の生活」をイメージしてみてください。

アイランドキッチンは、次のような人、家庭に向いています。当てはまるものはあるでしょうか。

・広い土地に家を建てる人
・友だちをよく家に招く人
・3人以上で料理することの多い人
・こまめな片付け、整理整頓のできる人

アイランドキッチンの施工事例

【Mockhouse】タテのつながり、ヨコの広がり「花園の家」|オーガニックスタジオ新潟株式会社の建築実例|新潟
 【コンセプト】建築に造詣の深いお施主が望まれたのは、洗練された自然素材の扱い。外部・内部共に配色を重視し、自然素材を用いることでなりがちな

自然素材のぬくもりを活かしながらも洗練されたデザインのキッチンは、アイランド型にすることで回遊性も高く使いやすく仕上がっています。

 

【Mockhouse】わんことの生活を楽しむ家|株式会社シエナホームデザインの建築実例|新潟
 大切な家族の一員である、ペットたち。人間とペット、双方が気持ちよく暮らせる家を目指した。「3匹のわんこは、大切な家族の一員なんです」という

アイランドキッチンなら一緒に暮らすペットものびのびと部屋中走り回れます。

 

【Mockhouse】土間と薪ストーブの「暮らしを楽しめる」家|一級建築士事務所 株式会社山内組 archi laboの建築実例|新潟
 玄関から続いた土間に薪ストーブを設置。土間では趣味の自転車のメンテナンスや植物の手入れを行い、アンティーク家具に囲まれた生活。日々の日常の

ダイニングテーブルとカウンターをキッチンと一体化するように造作。異素材の組み合わせもオシャレなキッチンです。

アイランドキッチンを選ぶ前に、施工事例をたくさん見よう

アイランドキッチンは、たしかに使う人を選ぶキッチンです。しかし、よく考えたうえで「アイランドキッチンにしよう」と思える人にとっては、この上なく愛着の湧くキッチンになるでしょう。

家族や友だちと一緒に料理をしたり、見せる収納を工夫してみたりと、アイランドキッチンは生活を少し楽しくしてくれます。カウンターバーのように使い、料理を作りながら食事や晩酌を楽しむのもおすすめです。

アイランドキッチンに興味のある方は、たくさんの施工事例を見てみてください。
インターネットや雑誌でキッチンの写真を見たり、モデルハウスや完成見学会にも足を運んだりしながら、理想のキッチンをイメージしましょう。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする