【キッチンづくり】カウンターキッチンの事例紹介!使いやすい設計のポイント、注意点など
開放感のある吹き抜けで心地よく暮らす家(株式会社エクセレントホーム:COZY新潟)

【キッチンづくり】カウンターキッチンの事例紹介!使いやすい設計のポイント、注意点など

2021.04.28

最近、リビングとキッチンが一体になった”LDK”の人気が高まっています。LDKの人気に比例して、カウンターキッチンを採用する家庭も増えているようです。

「カウンターキッチンって、お洒落だよね」
「カウンターキッチンなら、料理しながら家族と話せるよね」

その通りですが、カウンターは奥が深いもの…。いろいろなタイプがあり、設置方法にも気を配らなければなりません。

そこで今回は、カウンターキッチンの種類と、設計のポイントや注意点をお伝えします。

また、新潟県の「カウンターキッチンの施工事例」も、写真付きで紹介。自分たち家族にピッタリの、お洒落で居心地の良いキッチンをイメージしてみましょう!

カウンターキッチンとは

カウンターキッチンとは、その名の通り、カフェやバーにあるカウンターのようなキッチンのこと。ダイニングと対面になるよう、キッチン台を設置することで、家事をしながら家族団らんの時間を楽しめます。

家事効率が良く、家族とのコミュニケーション活性化にも役立つ”LDK”に設置されることが多いです。LDKとは、リビング・ダイニング・キッチンの機能をまとめた部屋で、注文住宅でも人気を集めています。

カウンターキッチンの種類

カウンターキッチンと一口に言っても、さまざまな種類があります。まずは、カウンターキッチンにはどんな種類があるのか、代表的な3タイプを見てみましょう。

I型キッチン

カウンターキッチンの中でも、特に一般的なのがI型キッチンでしょう。部屋を上から見たとき、キッチンカウンターが「I」の字のように見えることから、I型キッチンと呼ばれます。

I型キッチンのメリット・デメリットを見てみましょう。

【メリット】
・ほかのカウンターキッチンと比べて安価
・コンパクトで、部屋を広く使える
・シンプルな形で、家事動線を確保しやすい

【デメリット】
・見た目が普通で、デザイン性は低め
・他2タイプと比べ、作業スペースは少なめ
・居間からキッチンが見えやすい

I型キッチンは、本記事で紹介する中で最もシンプルな形をしています。シンプルであるが故に見た目のインパクトは控えめで、デザインにこだわりたい人には物足りないかもしれません。ただ、「シンプル・イズ・ベスト」というように、使いやすさは群を抜いているといえるでしょう。

また、カウンターキッチンの中でも一般的であるため、ほかのタイプと比べると低コストで済むことが多いです。

カウンターの横部分が壁に接しているか、いないかで、さらに細かく分類されることもあります。カウンターの横部分が壁に接していないものは、キッチンカウンターが部屋にポツンと浮かぶ島のように見えることから「アイランドキッチン」と。カウンターの左右どちらかが壁に接しているものは「ペニンシュラキッチン」と呼ばれます。

Ⅱ型キッチン

広い作業スペースが欲しい人、より効率的に家事をこなしたい人には、Ⅱ型キッチンがおすすめです。Ⅱ型キッチンは、I型キッチンの背面(主に壁と接する部分)に、もう1つカウンターを置いたタイプ。上から見ると、キッチンカウンターが「Ⅱ」の字のように見えます。

Ⅱ型キッチンのメリット・デメリットを見てみましょう。

【メリット】
・広い作業スペースを確保できる
・作業スペースを用途ごとに分けやすい
・キッチン内での移動は最小限

【デメリット】
・物や食材を運ぶとき、床に水が垂れやすい
・I型と比べ、スペースを取られる
・身体の向きを変える頻度が増える

正面と背面、2つのカウンターを設置するⅡ型キッチンは、単純計算でI型キッチンの2倍の作業スペースを確保できます。その分スペースは取るものの、背面の壁部分にカウンターを置くだけなので、次に紹介するL型キッチンよりは省スペースです。ただ、背面にカウンターを置くことで、冷蔵庫を置きにくくなることは覚えておきましょう。

「正面カウンターは食材を切ったり洗い物をしたりするスペース、背面カウンターはコンロや電子レンジのためのスペースにする」というように、作業ごとにスペースを分け、伸び伸びと家事ができるのは嬉しい点です。しかし、作業が変わるたびに身体の向きを変えなければなりません。洗い物やザルなど、濡れたものをカウンターをまたいで移動させるときに水が垂れ、床が汚れることもあるでしょう。

L型キッチン

より広い作業スペースが欲しい人、キッチンの見た目にこだわりたい人には、L型キッチンをおすすめします。その名の通り、キッチンカウンターを上から見たとき、「L」字型に見えるタイプです。

L型キッチンのメリット・デメリットを見てみましょう。

【メリット】
・広い作業スペースを確保できる
・Ⅱ型と違い、身体の向きを変えずに作業できる
・キッチン内での移動が少ない

【デメリット】
・紹介した中で、最もスペースを取る
・L字のコーナー部分が使いづらい

L型キッチンはⅡ型キッチンと同じく、広い作業スペースを確保できるタイプです。Ⅱ型と異なり、作業中に身体の向きを変える必要も、物を運ぶたびに床に水が垂れる心配もありません。

ただしL型キッチンは、紹介したカウンターキッチンの中で最もたくさんのスペースを取ります。試しに、紙に四角形を書き、その中に「L」や「Ⅱ」、「I」の字を書いてみてください。どう配置しても、「L」が最もスペースを取るとわかるでしょう。

また、L字のコーナー部分は作業スペースとしては使いにくいです。収納スペースにするとしても、コーナーの奥にあるものは取りづらいでしょう。食洗機やレンジなど、コーナーに置いても使いやすいものを置けるよう、キッチン全体の設計を考えなければなりません。

設計のポイント

カウンターキッチンを設計するときのポイントは、「何人で料理をするか?」「家族の誰が料理をするか?」を考えることです。

コンパクトなI型は、1人で料理をする家庭に向いています。夫婦で料理を作る家庭では、並んで料理をするならI型が、一人ひとりの使えるスペースを広くしたいならⅡ型が向いています。作業を分担して効率よく家事をこなしたい家庭にも、Ⅱ型がおすすめです。

L型は親子で料理をしたい家庭や、ホームパーティを開きたい家庭に適しています。1人で料理をするとしても、趣味が料理の人やとにかく効率よく家事をこなしたい人など、キッチンにこだわりたい人におすすめです。

「キッチンに立つ人数」を考え、キッチンを設計するといいでしょう。ほかにも、どんな料理を作ろうか考えてみて、作業しやすいキッチンを選ぶのもいいですね。

注意点

カウンターキッチンを設計するときは、次の3つのことを意識しましょう。

・カウンターのデザイン
・部屋全体の広さ
・家事動線

カウンターキッチンと一口に言っても、デザインは千差万別です。例えば同じI型キッチンでも、カウンター端に高めの仕切りを設けて手元を隠せるものもあれば、仕切りを設けずバーカウンターのように使えるものもあります。

部屋全体の広さを考え、カウンターの形と大きさを考えることも大切です。ダイニングやリビング部分を広く取りたいなら、L型やⅡ型よりも、I型が向いています。

カウンターの設置場所や形を考えるときに大切なのが、家事動線です。家事動線とは、家事をするときに、どう移動するかを示した動線のこと。「カウンターから出たら、すぐに浴室(洗濯機)がある」「洗い終わった洗濯物を、スムーズに物干し場に運べる」というように、効率的な家事動線を設計したいものです。

カウンターキッチンの施工事例紹介

【Mockhouse】全館冷暖房のモダンデザイン住宅|株式会社イシカワの建築実例|新潟
 【高気密高断熱で体にやさしい住宅】すっきりとした窓の配置が美しい外観デザイン。レンガ調の外壁がアクセント。

モノトーンで統一された美しいデザイン性と、広々とした使いやすさを両立したキッチンです。

 

【Mockhouse】BROOKLYN CUBE|株式会社 山築の建築実例|新潟
 玄関に面したシューズクローゼットはたっぷりとした棚数に回れる動線。リビングの裏にはサンルームがあり洗面室とは別になっていて物を干す空間が充

ブルックリンスタイルで統一されたキッチンからはLDK全体が見渡せる設計になっています。

 

【Mockhouse】3階スキップフロア|株式会社全建/ZEN DESIGN WORKSの建築実例|新潟
 3層のスキップで各スペースと家族の距離をゆるやかに分けた居心地のいい設計。大空間の吹抜けLDKはウッドデッキとつながり、広い庭では1年中キ

ダイニングテーブルとカウンターをキッチンと一体化させることで、家事動線がコンパクトに収まる嬉しい設計です。

カウンターキッチンは、家族のコミュニケーションを増やす

カウンターキッチンは、見た目のお洒落さはもちろん、機能性にも優れています。家事動線にこだわって料理の合間に洗濯物を片付けたり、料理中に効率よく動けるようにカウンターを設計したり、うまく使えば家事の負担を大きく減らせるでしょう。

何よりカウンターキッチンなら、家事をしながら家族とのコミュニケーションが取れます。カウンターキッチンを取り入れるなら、カウンターの形や位置だけでなく、テレビやモニターとの位置関係も意識してみてください。

ところで、記事を読む前後で、カウンターキッチンに対する印象が変わったのではないでしょうか。

「カウンターキッチンって、要は対面式のキッチンのことでしょ」と思っていた方も、「カウンターキッチンを置くなら、いろいろなことを考えないといけないんだな…」と、頭を悩ませてしまったかもしれません。

そんな方には、カウンターキッチンの写真を、たくさん見てみることをおすすめします。
実際にどんなカウンターキッチンがあるのか見てみれば、自分たちに合ったものも、イメージしやすくなるでしょう。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする