こんな人こそ相談を!ファイナンシャルプランナーが語る「家づくりとお金」

こんな人こそ相談を!ファイナンシャルプランナーが語る「家づくりとお金」
2022.06.02

家づくりにとって欠かせない「お金」について、みなさんはどのように考えていますか?
なかなか他人には相談しにくいものでもあるので、銀行や家づくりが済んだ友人、身内との相談で済ませてしまいがちではないでしょうか。

とはいえ住宅取得にもなると、大きな金額を扱うことになります。
銀行や身内だけで済ませてしまうのは、実はとてももったいないことなのかもしれません。

本記事では、そんな「家づくりにおけるお金の相談相手」として注目したいFP(ファイナンシャルプランナー)にスポットをあてたインタビューをお送りします。
お話いただくのは、東京都に本社を置く金融コンサルティング会社「Gift Your Life 株式会社」の萬場 惇(まんば あつし)さんと毛利 重幸(もうり しげゆき)さんです。

新潟県で活動する「住宅特化のFP」の考える「家づくりとお金」とは?

さっそく、見ていきましょう!

インタビュアー
小林紘大
小林紘大

新潟市内の工務店で家づくりの実務経験を積んだ後にコウダイ企画室。としてフリーランス建築士として活動中。
「楽しい暮らしは自分でつくる」をモットーに新潟の家づくりを楽しく応援していています。

モックハウスをフォローする
建築実例をみる

ファイナンシャルプランナーは満足のいく家づくりに欠かせない「お金のホームドクター」

お話を伺ったFPの萬場さん(左)と毛利さん(右)

お話を伺ったFPの萬場さん(左)と毛利さん(右)

ー 本日はよろしくお願いします。まずは「Gift Your Life(ギフト ユア ライフ)」について簡単に教えてください。

(萬場さん)
私どもギフトユアライフは、本社を東京銀座に置くコンサルティング会社です。ファイナンシャルプランナーが所属する事務所を、全国に15支社ほど展開しています。
各種保険や証券、不動産に関する金融コンサルティング、セミナーといった事業を手掛けています。セミナー講師の育成やセミナー事業のノウハウ販売なども行っています。

ここ数年はコロナの影響でウェビナーに移行したこともあり、動画メディアも活用していますね。住宅関連のお金の相談といった動画を制作し、お客さまに見ていただいております。

ー ありがとうございます。萬場さんはそのなかでも住宅に特化したFPとして活動されているということですね。

(萬場さん)
はい。住宅ローンをはじめ、将来的なお金の悩み相談やアドバイスをメインとしています。

ー これから家を建てようと考えている人にFPとはどんな業務内容なのかを簡単に教えてください。

(毛利さん)
ひと言でいうと、「お金のホームドクター」です。
皆さん何らかのお金の悩みを抱えているものですよね。日本はお金の話ってタブー視されることも多いわけですが、そうなると、誰に相談したらいいのかすらわからないという問題も生まれてきます。

そんなときにFPに頼ってほしいと日頃から考えています。

ー 施主はほとんど初めての経験という状況のなか、ビルダーや工務店といった「住宅のプロ」を相手にしなくてはならない。そんなときに味方になってくれる存在なんですね。とくにお金は心配だと思います。

(萬場さん)
確かに、個人のお客さまとお話していると、紹介されたローン会社をずっと使っている人が多いですね。
「お金の話はよくわからないから」とそのままにしている方が多いように思います。

ローンひとつとっても、本来はいくつかの選択肢から選ぶことができます。
ですが、初めての家づくりでわからないことだらけで、ローンのことまで考える余裕がなく、そのままにしているケースが多々あります。

そんなときにFPを頼ってほしいなと思いますね。お金の話って「目に見えないもの」なので。

たとえば、施主さんがローンの提案を受けたり仮審査をしていると、思いがけない金額が提示されるときもあったりします。問題は、それが施主さんに適切な金額なのかどうかです。

向こう何十年にもわたって返済していく大金をさかのぼって計算できる人はなかなかいません。多いのか逆に少ないのか、ぱっと見ただけで判断するのは凄く難しいことです。

多すぎるのも問題ですが、少なすぎてせっかくの家づくりが全然満足のいくものにならないのも寂しい話です。
そんなときに適切なアドバイスをして、お金の心配を少しでも和らげていただき、納得のいく家づくりの手助けをします。

ー これから家を建てたい人や検討している人がお二人に相談したいと思った場合、どうしたらいいですか?

(萬場さん)
直接ご連絡いただければと思います。住宅関連は私の得意分野ですので、ご自身ではなかなか知りえないお金の話ができると思います。まずはお気軽にご連絡下さい。

(毛利さん)
初回のご相談は無料で承っております。
お電話でもメールでもLINEでも対応できますので、是非お気軽にご連絡ください。

————————————————————————————

株式会社Gift Your Life

萬場 惇
TEL:090-3504-1891
Mail:a-manba@gyl.jp
LINE:https://lin.ee/NXix2jw

毛利 重幸
TEL:090-4937-4985
Mail:s-mouri@gyl.jp
LINE:https://lin.ee/00XahhQ

————————————————————————————

施主がファイナンシャルプランナーを活用するベストはタイミングとは

ー FPさんから見て、家づくりを考えている人が、FPさんにお金の相談をするベストなタイミングはありますか?

(毛利さん)
日々お金に関する相談をいただいている身としては、ぜひ住宅会社に行く前をおすすめします。

まずは自分の予算を知ることが大切です。
「欲しい家を見る」にしても、「住みたい場所を選ぶ」にしても、自分がいくらまでなら出せるのかをしっかりと把握してから、悩んでほしいなと思います。

自分の予算を知るまえに家や場所を決めてしまうと、そこから動かしにくくなってしまいます。
結果的に大きなローンを背負うことになってしまったり、反対に「この予算なら、もっといい土地があったのに」ということになってしまったりといったケースもあります。

また、先に家を建てた同僚や友人の話を自分の家づくりの参考にしてしまう方もいますが、家族構成から将来設計まで何もかも違うのに、そのやり方はとても危険です。

まずは、「自分の総予算」を知るところから着手してほしいですね。

ー 具体的に、FPさんはどんなところまでフォローしてくれるものなんですか?

(萬場さん)
私の場合は、将来設計まで通してアドバイスさせていただいています。
住宅の取得は土地に家を建てて終わりではありません。各種保険や老後のライフプランなど総合的にアドバイスします。

実際には、お客さまから1時間くらいヒアリングをしますね。
家づくりへの思いから、その後の日常生活、子どもの教育プラン、老後の生活、さらに住宅のメンテナンス費用やリフォームの予定などまでお聞きすると、ほんとうに皆さん一人ひとり異なります。

ー かなり長期的な目線でのヒアリングをされているんですね。

(萬場さん)
やはり先ほどもお話したように「総予算」を知ることが大切だからです。
自己資金がない方はローンに頼るしかないわけですが、自己資金がある方にも、ぜひ検討してほしいと考えています。

自己資金は住宅の取得費用にそのまま充てるのが一般的と考えられていますが、ローンを活用し手元にある資金は投資に回したほうが、実は利回りがローン利息を上回るケースもあります。
そういった高度なアドバイスこそ、FPの得意とするところです。

ー つまり、全員に検討してみてほしいということですね(笑)

(萬場さん)
そうですね(笑)どんなことでもいいので、悩んだらぜひ相談してほしいと思います。

一人ひとりまったく異なるのが家づくりにかかるお金

ー ほかに、相談にくるお客さんでよくあるご質問などはありますか?

(毛利さん)
(住宅ローン)最大でどれくらい借りれますか?」という質問は時々いただきますね。
これも、さきほど話したように建てたい家と住宅ローンだけで計画してしまって失敗する事例なので、すべてを踏まえたうえで総合的に判断するようアドバイスします。

ー 保険についてはどのようなアドバイスをされていますか?

(萬場さん)
数ある保険商品の中から適切な保険をご紹介させていただいております。
ご信頼いただいているお客様からは、萬場さんがいいと思う保険でいいよ!と言われたりすることもあります(笑)
保険は実際に申請するときがとても大変で、例えば被害にあった際の保険会社に提出する現場写真や、申請に関わる書類提出業務など、一般の方には負担になってしまう部分をフォローさせていただいたりもします。

ー とにかく、気軽に相談できる人が身近にいるということが大切なんですね。

(毛利さん)
はい、その通りだと思います。

ー ありがとうございました!最後に、この記事を読んでいる読者さんにメッセージがあればお願いします。

(萬場さん)
今はネットで色んな情報を気軽に検索できる時代ですが、家づくりにかかるお金は本当に人それぞれです。
保険やローン選び、将来設計などを含めると同じ人などふたりといません。

ネットでは分からないし、知人にもなかなか相談しづらい。
そんな不安な気持ちを解消できるのがFPのいいところです。

そして、家づくりで大切なのは予算です。予算を把握できているかで、満足度も大きく変わってきます。

どんな小さなことでもいいので、ぜひお金のプロである私たちFPにまずは相談してほしいと思います。

実は効率がいい「お金の専門家」に頼るという選択肢

今回は少し目線を変えて、住宅専門のFPさんにお話をうかがいました。
私も色んな記事でアドバイスしているように、家づくりはとにもかくにも「予算」です。
住宅取得にかかるお金は、その後の生活のさまざまなところに影響します。

とくに印象的だったのは、自己資金など「お金を持っている人」も、FPを利用してみてほしいというご意見です。

自己資金を使わずあえてローンを組んで、住宅取得に充てるはずだった自己資金をもっと上手に活かす方法を模索するという考えは、とても参考になりました。

「お金の専門家」に頼るのは、実はとても合理的で賢い選択なのかもしれません。

改めてそんな風に感じたインタビューでした。
初回相談無料ということですし、家づくりご検討中の方は是非相談してみてはいかがでしょうか?

————————————————————————————

株式会社Gift Your Life


萬場 惇
TEL:090-3504-1891
Mail:a-manba@gyl.jp
LINE:https://lin.ee/NXix2jw


毛利 重幸
TEL:090-4937-4985
Mail:s-mouri@gyl.jp
LINE:https://lin.ee/00XahhQ

建築実例をみる