スタンダードな三角屋根!人気の切妻屋根とは?設計のメリット注意点を解説
地産の素材が守る穏やかな暮らし「村上の家」(オーガニックスタジオ新潟株式会社)

スタンダードな三角屋根!人気の切妻屋根とは?設計のメリット注意点を解説

2021.04.19

家づくりを進めるうえで、意外と悩む「屋根の形」です。屋根と一口に言ってもいろいろな種類があり、デザインはもちろん、そのメリットやデメリットもさまざまです。

屋根選びの際、多くの方が検討するのは「片流れ屋根」「切妻屋根」でしょう。片流れ屋根は近年、急速に人気の高まっている屋根です。一方の切妻屋根は、国内外を問わず長く親しまれてきた屋根であり、片流れ屋根の普及した現代でも、最も多いタイプの屋根といえます。

今回は、「切妻屋根」のメリット・デメリットや「どんな人におすすめなのか」を解説。切妻屋根が多くの家庭で、長年親しまれてきた理由をお伝えしていきます。

新潟県内の施工事例も、写真付きで紹介するので、家づくりのイメージがより具体的になるでしょう。

切妻屋根とは

切妻屋根とは、開いた本を伏せたような形をした屋根のこと。真横から見ると、屋根が二等辺三角形のように見えます。

世界的に古くから親しまれてきた屋根で、シンプルなデザインと屋根裏の通気性の良さが特徴です。

切妻屋根のメリット

最近では片流れ屋根が人気を集めているものの、切妻屋根もまだまだ人気の屋根です。日本で最も多い屋根といっても過言ではないでしょう。

次からは、切妻屋根のメリットを4つ紹介します。デザイン上のメリットや屋根としての機能性の高さから、切妻屋根が世界中で親しまれてきた理由が見えてきます。

シンプルでどんなテイストにも合う

切妻屋根は、屋根板2枚のシンプルな形状。いかにも「屋根」という見た目をしています。そんな切妻屋根は、どんなテイストにもよく合う屋根です。

最近の日本では片流れ屋根が人気を集めているものの、切妻屋根は世界的に見ても、古くから親しまれてきました。和風はもちろん、欧風や洋風の家にもよく合います。

屋根裏の通気性を確保しやすい

切妻屋根は屋根裏の通気性を確保しやすく、屋根裏や壁内などの「見えない部分」の劣化を防ぎやすいです。

中央が高い二等辺三角形の切妻屋根は、頂点(中央)の下に通気口を設けられます。屋根の中央に通気口を設けることで、屋根裏全体に新鮮な空気が行き渡りやすくなり、内部の結露や劣化を防ぎやすくなるのです。

屋根裏や壁の内側などに湿気が溜まると、「見えない部分」にカビや腐食が発生し、家族の健康が脅かされたり倒壊リスクが高まったりします。切妻屋根なら見えない部分に湿気が溜まりにくいので、安心して暮らせるでしょう。

メンテナンスがしやすい

屋根裏の湿度上昇を防ぎやすく、見えない部分での結露やカビの発生しにくい切妻屋根は、そもそも傷みにくい屋根といえます。仮に傷んだとしても、損傷箇所の特定がしやすく、メンテナンスもしやすいです。

寄棟屋根や方形屋根と異なり、切妻屋根には棟が1つしかありません。雨漏りが起こったとしても、どこから雨水が浸入しているのか見つけやすく、傷んだ場所をすぐに直せるでしょう。

落雪する場所を予測しやすい

開いた本を伏せたような形をした切妻屋根では、屋根に雪が積もっても、どこに雪が落ちるのか予測しやすいです。落雪は妻壁以外の2面に集中するでしょう。

雪国として知られる新潟では、屋根からの落雪は大きな問題です。雪がどこに落ちてくるのかわからないと、雪かきや屋根の雪下ろしをしているときに落雪にあい、大怪我することもあります。切妻屋根は屋根の勾配もなだらかなことが多いので、雪がいきなり落ちてくることも少ないでしょう。

なお、急勾配の場合は、「雪止めアングル」を設置し、落雪対策するのがおすすめです。

切妻屋根のデメリット

メンテナンスがしやすく、シンプルな見た目でどんなテイストの住宅にも合う切妻屋根。そんな切妻屋根にも、デメリットはあります。

次からは、切妻屋根のデメリットを2つお伝えします。新潟の家づくりで特に気を付けたい点もお伝えするので、工務店とよく相談し、デメリットを解消できるような設計をしましょう。

妻側が劣化しやすい

軒が2方向にしかない切妻屋根では、軒のない妻側の外壁が劣化しやすいです。

軒には雨や日光から、外壁を守る役割があります。妻側にはなるべく軒を長く出し、雨や日光が外壁に直接当たらないようにしましょう。

落雪が集中しやすい

切妻屋根には「屋根からの落雪を予測しやすい」というメリットがありました。ただ、屋根から雪の落ちてくる場所が限られているということは、落雪箇所に多くの雪が積もるということです。

切妻屋根からの落雪は、妻側以外の2面に集中します。魚沼や村上のような豪雪地帯では、屋根からの落雪だけでかなりの雪山ができることになるでしょう。「落雪のせいで家から出られない」とならないよう、屋根の傾斜の向きには気を付けたいです。

切妻屋根がおすすめな人

切妻屋根の魅力は、シンプルな見た目とランニングコストの良さにあります。いろいろなテイストに合うデザインで、メンテナンスもしやすいので、どんな人にとっても使いやすい屋根といえます。

そんな切妻屋根は、次のような人、家庭に向いているでしょう。

・エクステリアはシンプルにまとめたい人
・ほかに目立たせたいエクステリアがある人
・和風や洋風、欧風テイストの家を建てたい人
・屋根からの落雪による事故が心配な人
・メンテナンスの頻度を少なくしたい人

切妻屋根の施工事例紹介

【Mockhouse】かわいすぎない北欧スタイルのお家|株式会社エクセレントホーム:インターデコハウス新潟の建築実例|新潟
 かわいすぎない北欧スタイルのお家です。ツートンカラーの外観やヴィンテージテイストのコーディネートなど、すっきりシンプルな中にあそび心をプラ

切妻屋根を2つ組み合わせることでシンプルながら奥行きあるデザインに仕上げています。

 

【Mockhouse】可動と可視の白い家|ウエストウッズ設計事務所の建築実例|新潟
 広々とした玄関に可動棚付シューズクローク。洗面・浴室に直行できるので部活や仕事帰りにすぐに汚れを落とせます。LDKではみんなが集まり、1つ

シンプルな外壁と屋根の組み合わせが美しい事例です。

 

【Mockhouse】HOUSE_T|Ploot Architects & Associatesの建築実例|新潟
 街並みに対して空間をどう開くのか、あるいは閉じるのか。階で異なる空間の質。内外に繋がる路地のような1階と、家族の集まる広がりのある2階。

あえて棟を中心からずらすことで、個性的な印象に仕上げています。

伝統的な切妻屋根は、見た目も機能も優れたバランス型

どんなテイストにも合い、屋根としての機能にも優れた切妻屋根は、見た目にも機能にも優れたバランス型の屋根といえます。

妻側の外壁が劣化しやすいというデメリットはあるものの、しっかりと軒を出すことである程度解消できます。
設計の際は工務店とよく相談し、軒の長さを決めましょう。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする