住宅ローンはどこに相談すればいい?新潟の相談窓口を紹介します

住宅ローンはどこに相談すればいい?新潟の相談窓口を紹介します

2021.04.28

「家は人生最大の買い物」というように、家づくりほどお金のかかることはそうそうありません。かかるお金が大きいからこそ、自分たちに合った住宅ローンを組み、余裕をもって返済していきたいものです。

しかし、住宅ローンの仕組みは複雑に見え、考えただけで気持ちが滅入るという人もいるでしょう。「自分たちだけで考えるのは不安だけど、どこに相談すればいいのかもわからない」という人もいるかもしれません。

そこで今回は、住宅ローンの相談先を5つ紹介します。それぞれの特徴や、どんな相談ができるのかをお伝えするので、目的に合った相談先を探してみてください。

住宅ローンの相談先は主に3つ

住宅ローンの相談はどこにすればいいのでしょうか。主な相談先は、次の3つです。

・金融機関
・住宅相談カウンター
・住宅金融支援機構

金融機関は、住宅ローンの相談先として最も一般的かもしれません。金融や融資の専門家である金融機関で相談すれば、自分たち家族の年収でならいくらまでのローンが組めるのか、どんな返済プランを立てればいいのかなど、さまざまな相談に乗ってもらえるでしょう。

金融機関ごとに審査の仕組みも、住宅ローンの金利も異なるので、借り入れを検討しているそれぞれの金融機関で相談するのがオススメです。

住宅相談カウンターは、これから家づくりを始める人を対象とした相談窓口です。豊富な知識と、さまざまな家庭の家づくりに関わってきた経験から、客観的なアドバイスをしてくれます。家づくりについて、具体的なことが何も決まっていないときの相談先としてオススメです。

住宅金融支援機構は、家を建てる人の住生活の向上や、住宅金融市場への安定した資金供給を目的とした独立行政法人です。固定金利の住宅ローン「フラット35」を提供する機関としても有名で、住宅ローンに関する相談にも乗ってもらえます。

ほかにも、ファイナンシャルプランナーや、依頼を検討している住宅会社・工務店などに新築のローンについて相談するのもいいでしょう。ファイナンシャルプランナーになら、家が完成した後の返済計画や資金計画なども総合的に見てもらえますし、依頼先の工務店は新築のプランに合った、リアルな資金計画を提案してくれるかもしれません。

金融機関の住宅ローン相談窓口

金融機関には、住宅ローンの専門相談窓口があります。全国展開している大銀行だけでなく、地元の各銀行や信用組合、労働金庫などにも新築のローンについて相談してみましょう。

地元の金融機関であれば、新潟の実情に合った、具体的なアドバイスが期待できるでしょう。

金融機関は、金融情報に精通した「お金の専門家」です。法律や減税制度に関するアドバイスももらえるので、どこでローンを組むのかにかかわらず、一度は相談することをオススメします。

住宅相談カウンター

住宅相談カウンターには、さまざまな条件の家づくりに関わってきた、経験豊富なアドバイザーがいます。

資金計画のサポートから工務店の紹介までしてくれるカウンターもあり、家づくり全般について、幅広いアドバイスをもらえるでしょう。

新潟には全国規模のサービス以外にも複数の相談カウンターがあるので、お出かけ先で見かけたら立ち寄ってみてもいいかもしれません。

住宅金融支援機構の住宅ローン相談窓口

フラット35を提供する住宅金融支援機構には、住宅ローンの相談窓口もあります。フラット35に関するセミナーやイベントも開催されるので、フラット35の利用を考えている人には特にオススメです。

ただし、2021年4月現在、新潟県内には相談窓口がありません。電話相談やWebセミナーへの参加が主となるため、対面でじっくりアドバイスをもらいたい人は、地元金融機関や工務店への相談をオススメします。

ファイナンシャルプランナーに相談する

家づくりに伴い、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのもいいでしょう。

FPは、暮らしとお金に関するさまざまな相談に対応する、総合的なお金のプロです。完成した家での生活も含め、人生全般の収支・資金計画を総合的に相談できます。住宅ローンのことだけでなく、お金の事情全般に詳しいため、ほかの相談窓口では期待できない「幅広い観点からのアドバイス」が期待できるでしょう。

ただし、FPは住宅ローンの専門家ではありません。知識の幅が広い分、各分野の専門家と比べて、知識や経験の浅い分野もあるでしょう。住宅ローンに関する知識が豊富で、相談実績の多いFPを選びたいものです。

住宅会社・工務店に相談する

家づくりに関することは、家づくりのプロである住宅会社や工務店に相談すれば安心です。

住宅ローンに詳しく、快く相談に乗ってくれる工務店も多くあります。住宅ローン相談会を開催している工務店や、常時相談を受け付けている工務店を探してみましょう。住宅ローンのことと家づくりのことをまとめて相談できるのも、工務店の魅力です。

気になる工務店が見つかったら、会社HPや口コミをチェックしたり、問い合わせや資料請求をしたりするのがオススメです。会社HPに家づくりに関するコラムを載せている工務店もあり、そのようなコラムからは、工務店の知識や経験の深さがうかがえます。

口コミサイトやSNSなどで客観的な評価を集めたり、問い合わせへの対応の仕方を確認したりしながら、信頼できる工務店を探しましょう。

目的に合った窓口へ相談しよう

多くの人にとって、家づくりは始めての経験です。間取りやデザインなどを考えているときはワクワクするかもしれませんが、住宅ローンをはじめとする「お金回りのこと」を考えると、気が重くなるという方も多いでしょう。

住宅ローンを余裕をもって返済していくには、新築にどのくらいのお金がかかるのかを把握し、資金計画を慎重に建てなければなりません。

しかし、住宅ローンや新築の資金計画に関する話は複雑です。まずは目的をハッキリさせ、自分たちに合った相談窓口を探すことから始めましょう。

例えば家づくり全般について相談したいなら工務店が、自己資金を貯めたり新しい家での収支計画を立てたりといったお金回り全般を相談したいならファイナンシャルプランナーが、それぞれオススメの相談先です。資金計画が具体的になり、住宅ローンを組む段階に近付いたら、金融機関住宅金融支援機構にも積極的に相談しましょう。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする