【2階建てvs平屋】建てるならどっち?メリットや注意点を徹底比較
断熱材が2倍の全館空調の家( DETAIL HOME(ディテールホーム))

【2階建てvs平屋】建てるならどっち?メリットや注意点を徹底比較

2021.04.28

「家を建てるなら、やっぱり2階建てでしょ!」
「いやいや、最近は平屋を建てる人も増えていて…」

家づくりについて家族と相談しているとき、こんな話をしたことはないでしょうか。たしかに日本住宅のほとんどは2階建てです。しかし、平屋の良さが見直され、建てる人が増え始めているのも事実です。

そこで今回は、2階建てと平屋の良さや新築するときの注意点を、徹底的に比較します。家族構成やライフスタイル、かかる費用や家事・生活動線の作りやすさなど、さまざまな観点から比較していきます。

どんな家庭にどんな家がオススメなのかの目安もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

【2階建てvs平屋】まずはそれぞれの特徴を解説

「戸建てといえば2階建て」を長らく常識としていた日本でも、平屋を建てる人が増え始めています。日本で2階建てが主流であることにも、平屋を建てる人が増えていることにも、それぞれ理由があります。

2階建てと平屋を比較する前に、それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

2階建ての特徴

木の風合いを生かしたヴィンテージライクな家(株式会社エクセレントホーム:ナチュリエ新潟)

まずは、平屋と比較したときの、2階建ての特徴を確認していきましょう。日本住宅のほとんどが2階建てであることには、それなりの理由があります。

【2階建てで暮らすメリット】
・狭い土地でも広々と暮らせる
・家族同士で気を遣わなくて済む
・日当たりを確保しやすい

【2階建てを新築するときの注意点】
・バリアフリーにしづらい
・動線づくりが難しい

2階建てなら、狭い土地でもそれなりの部屋数、居住空間を確保できます。子どもたち一人ひとりに部屋を作ってあげたい人や、夫婦それぞれの自室が欲しい人には、部屋数を確保しやすい2階建てがオススメです。

一人ひとりの自室を作りやすく、部屋同士の配置も工夫しやすいので、家族間でのプライバシーも確保しやすいでしょう。リビングやキッチンのような「家族みんなが使う部屋」は1階にまとめ、一人ひとりの自室や寝室を2階にまとめれば、生活音で気を遣う必要もありません。

一方、2階建てだと家の中での移動距離が長くなり、階段の上り下りも必要になります。若いうちは気にならないかもしれませんが、年齢を重ねて足腰が弱くなれば、階段の上り下りも辛くなるでしょう。2階建てを新築するなら、老後のことも考え、部屋の配置を決めたいです。

平屋の特徴

二世帯で住まう和モダン平屋住宅
(DETAIL HOME(ディテールホーム))

続いて、2階建てと比較したときの、平屋の特徴を確認していきましょう。平屋には次のようなメリット、新築するときの注意点があります。

【平屋で暮らすメリット】
・階段の上り下りが少ない
・家事がしやすい
・間取りの自由度が高い
・家族のコミュニケーションを取りやすい
・地震や強風に強い

【平屋を新築するときの注意点】
・防犯やプライバシーが気になる
・居住空間が少ない
・日当たりの悪い部屋ができやすい
・水害には弱い

平屋の最大の特徴といえば、やはり階段がないことです。階段の上り下りがないため、家の中での移動距離も短くなり、家事もしやすくなるでしょう。子どもの怪我を防ぎやすくなることや、足腰の弱まる老後のことを考えると、階段がないのは大きなメリットといえます。

また、一般的な平屋では、引き戸で間仕切りをします。引き戸を広く開けるようにしたり、取り外したりすれば、部屋同士をつなげることも容易です。親戚や友だちを招くことが多い家庭では、必要に応じて部屋をつなげ、広くできるのはありがたいでしょう。

一方、2階のない平屋では窃盗や災害、日当たりや風通しの確保など、さまざまなことへの対策を考えなければなりません。

単純に、2階の部屋よりも1階の部屋の方が、外からの視線は気になります。空き巣にとっても、1階の様子だけを伺えば良い平屋の方が侵入しやすいでしょう。

また、重心が低く外壁の面積も小さい平屋は、地震や強風には強いです。ただし、大雨や洪水で床上浸水が起これば、2階に逃げることはできません。

平屋のメリットや新築するときの注意点をもっと詳しく知りたい方、平屋での暮らしがどんなものなのかが気になる方は、こちらの記事もぜひお読みください。平屋を建てるときに何を考えればいいのか、具体的にイメージできるでしょう。

【2階建てvs平屋】家族構成やライフスタイルで比較するなら?

2階建てと平屋のどちらが暮らしやすいか比較するには、家族構成やライフスタイルについて考えてみるといいでしょう。

例えば、家族の誰かが夜勤や交代制の仕事をしていて、日中に寝ていることも多いとします。ワンフロアで家族全員が暮らす平屋では、家族の気配や生活が気になって、よく眠れないかもしれません。起きている方も、寝ている家族に気を遣って、伸び伸びと暮らせないでしょう。

ただ、ワンフロアで家族全員が生活するということは、家族同士の顔を合わせる機会も多いということです。子どもの成長とともに親子のコミュニケーションが減らないか心配な人、共働きで家族同士が顔を合わせる機会の少ない家庭なら、平屋の方が家族の時間を作りやすいかもしれません。

【2階建てvs平屋】かかる費用や税金で比較するなら?

家づくりにかかる費用を抑えられるのは、2階建てと平屋のどちらなのでしょうか。2階がない分、「平屋の方が安く立てられそう!」と思う人もいるかもしれません。

実は、2階建てと比較すると、平屋の施工費の方が高くなりやすいです。主な理由は「平屋では基礎部分と屋根の面積が広くなりやすいこと」と、「同じ床面積を確保する場合、平屋の方が広い土地を必要とすること」の2つです。

建物の面積が同じなら、たしかに2階建ての施工費の方が、平屋よりも高くなるでしょう。しかし、2階建てと同じ面積で平屋を建てる人は多くありません。平屋でそれなりの居住空間(床面積)を確保するには、広い土地が必要です。建物の面積が増えた分、コストのかかる基礎部分や屋根の面積も増えます。

土地が広くなれば、土地にかかる固定資産税も高くなるでしょう。また、平屋は2階建てと比較して建物自体の価格も高くなりやすく、建物にかかる固定資産税も高くなりやすいです。

ただし、2階がない分、平屋はメンテナンスしやすいです。外壁や屋根のメンテナンス費用は、2階建てと比較して安くなるでしょう。

【2階建てvs平屋】生活動線や家事動線で比較するなら?

生活動線や家事動線を比較すると、2階建てと平屋のどちらが暮らしやすいのでしょうか。好みや間取りにもよりますが、動線の使いやすさ、確保しやすさでは平屋に軍配が上がるかもしれません。

2階建てでは、外出時や帰宅時はもちろん、寝室からリビングに行くときや自室に戻るときなど、さまざまな場面で「階段の上り下り」が発生します。実家やメゾネット(2階があるタイプのアパートやマンション)の2階にトイレがなく、「用を足すたびに階段を上り下りするのが面倒だった」という人も、多いのではないでしょうか。

一方、平屋には階段がありません。水回りも1ヵ所にまとめやすく、間取り次第でかなりの家事効率を確保できるでしょう。

【2階建てvs平屋】結局、どっちがおすすめなの?

「2階建てと平屋だったら、どっちがオススメなの?」と聞かれたら、「人によります」と答えるほかありません。家庭ごとに家族構成やライフスタイルも違えば、家族のメンバー一人ひとりの価値観も違うからです。

最後に、どんな家庭にどんな家がオススメなのかの目安をお伝えします。あくまでも参考程度に捉え、家族や工務店とよく相談したうえで最終的な決断を下しましょう。

【2階建てがオススメな家庭】
・狭小地に家を建てる家庭
・一人ひとりの自室が欲しい家庭
・家族の生活リズムがバラバラな家庭
・川や海に近い、水害が心配な土地に家を建てる家庭

【平屋がオススメな家庭】
・広い土地に家を建てる家庭
・老後の暮らしやすさを重視したい家庭
・忙しく、少しでも家事を効率化したい家庭
・共働きで家族の時間をつくりづらい家庭

2階建てor平屋で迷うなら、施工事例を見比べよう!

2階建てには2階建ての良さがあり、平屋には平屋の良さがあります。

慣れ親しんだ2階建ての方が安心だという人もいれば、平屋でコンパクトな暮らしをしてみたいという人もいるでしょう。2階建てか平屋かで迷うなら、それぞれのメリットや新築するうえでの注意点を比較し、「自分たち家族に合っているのはどちらか」を基準に判断するのがオススメです。

2階建てと平屋を比較するときは、インターネットや住宅展示場で、それぞれの施工事例を見比べてみるといいでしょう。
2階建てにも平屋にも、それぞれいろいろな間取り、デザインの家があります。たくさんの施工事例を比較するうちに、ライフスタイルに合った間取りも見えてきますよ。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする