【写真付き】西海岸風のお家5選
まるで海外に来たかのようなアメリカンハウス(株式会社アンドクリエイト)

【写真付き】西海岸風のお家5選

2021.08.30

家づくりを始める前に、まずは「お家全体のテイスト」をイメージしましょう。

テイストがある程度決まっていないと、インテリアやエクステリアに統一感のない、落ち着かないお家になってしまうかもしれません。

和風や洋風から、シンプルやヴィンテージまで、最近はいろいろなテイストのお家があります。どのお家も魅力的で、テイストがなかなか決められない方も多いかもしれません。

今回は、西海岸風のお家の魅力を、たくさんの写真付きで紹介。

無垢の木の壁やウッドデッキ、明るく爽やかな色合いを大切にした西海岸風のお家では、伸び伸びと暮らせるはずです。

開放感あふれる西海岸風のお家を建てるにはどうすればいいのか、写真付きで解説します。

西海岸の風を感じる家

最初に紹介する「西海岸の風を感じる家」は、玄関ポーチにどっしりと構えるヤシの木が特徴のお家です。

ヤシの木に透明度の高いガラス窓、ナチュラルな木の壁板と、リゾート感漂う明るいエクステリアに仕上げました。

玄関ホールは色味を抑え、シックな印象にしています。

木目が互い違いに斜めになる「ヘリンボーン柄」の木の壁は、西海岸風はもちろん、リゾートスタイルにピッタリです。

リビングは吹き抜けにすることで、明るく開放感のある空間に仕上げました。日中は吹き抜け部分の大きな窓からよく陽が入ります。

眩しくなりすぎないよう吹き抜けの面積を抑えたのもポイントです。

自然光が織り成す光と影のコントラスト、窓から見えるヤシの木が、西海岸らしいラグジュアリー感を演出してくれます。

LDKの奥はご覧のように、木陰のような涼しげな印象です。

料理や家事がしやすいよう、キッチンカウンターの内側には余裕を持たせました。

ダイニングテーブルは、キッチンカウンターとひと続きになった造り付けのものです。

キッチンで作った料理や使い終わった食器をすぐに運べるようにと、一工夫しました。

テーブルの端には脚がないので、掃除機もかけやすいです。

LDK奥に見えていた和室です。

畳はふちなしの淡い緑のものを、天井板には木目の目立たない木を選ぶことで、部屋全体をやわらかな印象に仕上げました。

まるで海外に来たかのようなアメリカンハウス(株式会社アンドクリエイト)

続いて紹介する「まるで海外に来たかのようななアメリカンハウス」では、毎日の暮らしをリゾート気分で楽しめます。

くすんだ青と赤みがかったブラウンで統一した外観は、まるで西海岸の風景を切り取ってきたかのようです。

玄関ホールは白を基調に、明るく爽やかな雰囲気に仕上げました。

外壁と同じ青の壁が、白レンガやアメリカンな玄関ドアとよく合います。

十字窓を多用することで、カントリーな空気をつくりました。

こちらのお家では、玄関からリビングまで土間が続いています。リビングには壁やドアを作らず、開放的な空間に仕上げました。

玄関に入った瞬間から、ご家族の存在を感じられる、あたたかみのあるお家です。

作業スペースは広く、収納力も抜群な、使いやすくおしゃれなキッチンです。

キッチンカウンターは白と黄緑でポップに、収納はブラウンの無垢の木で重厚に仕上げた、メリハリのあるデザインが自慢です。

限りなくアメリカンなリビングの奥には、小上がりも作りました。

日本人なら、たまには畳で寝そべりたくなることもあるはず。そんなとき、心行くまでのんびりできるよう、小上がりはやや暗めの落ち着いたテイストに仕上げました。

KAJIRAKU NATURAL case.32(DETAIL HOME)

続いて紹介する「KAJIRAKU NATURAL case.32」は、その名の通り、家事のしやすさにこだわって建てました。

緑に囲まれ、周りに風や見通しを遮るもののないこのお家では、四季の移り変わりを肌で感じられます。

玄関ホールのくすんだブルーのドアは、観葉植物の濃いグリーンと相性抜群です。色選びのちょっとした工夫と、さりげない小物使いで、西海岸らしい雰囲気を演出しました。

リビングの床をダウンフロア、天井を吹き抜けにすることで、開放感を演出しました。

ダウンフロアの段差に腰掛けたり、クッションを立てかけて寄りかかったり、思い思いの体勢でくつろげます。

こちらはダウンフロア隣の畳スペース。壁を緩やかな曲線を描く「R型」にすることで、やわらかな空間に仕上げました。

クローゼットを床から少し浮かせることで、座布団やお布団も手軽に片付けられるようにしています。

キッチンを中心に、水回りはストレートに配置しました。

料理の合間にお風呂掃除や洗濯を済ませられる、効率的な家事動線です。

中庭のあるコの字型住宅(DETAIL HOME)

続いて紹介する「中庭のあるコの字型住宅」では、採風・採光とプライバシーの両立にこだわりました。

お家の中心にある中にはからは、自然の風と光がたっぷり入ってきます。四方を建物に囲まれているので、人目も気になりません。

ガレージを通り、建物右下にある通路を進んでいくと…

中庭にある玄関ポーチが現れます。壁に囲まれた、大きな庇(ひさし)のある玄関ポーチには、風の強い日でも雨や雪があまり入ってきません。

服についた汚れや雪をしっかり落としてから、お家の中には入れます。

リビングの窓からは、ご家族の帰宅が一目でわかります。

夏は輝くような日差しが、冬は厳かに降り積もる雪が美しい、四季の移り変わりを楽しめる中庭です。

サーファーズハウス~カルフォルニアスタイル~(F SYSTEM 新潟藤田組)

最後に紹介するのは、白とブラウンの2色をベースに、深いブルーのアクセントが映えるサーファーズハウスです。

リビングとひと続きになったウッドデッキは広く、しっかりとした屋根もついています。

ウッドデッキでバーベキューをしたり、ハンモックを吊るしてのんびりしたり、カリフォルニアスタイルの休日が楽しめます。

内装はさまざまな木を使い、素朴な質感を大切にしました。

コルク風の壁に無垢の床、むき出しの梁が、自然の温もりを感じさせてくれます。

今は明るい色の木は、経年変化で少しずつ飴色に変わっていきます。

2階廊下には横長のデスクと、収納力抜群の棚を備え付けました。

作業スペースや家事スペースとしても活躍する、使い勝手の良い空間です。

寝室にも木をふんだんに使いながら、アクセントにブルーを入れて爽やかに仕上げました。

家中どこにいても自然を感じられる、豊かな暮らしができるお家です。

西海岸風のお家には、伸び伸びとした開放感がある

白や青、やや明るめのブラウンなどを多用した西海岸風のお家には、アメリカンな爽やかさがあります。

自然素材をたくさん使ったり、間仕切りを少なくして開放感を演出したりすれば、のびのびと暮らせる西海岸風のお家が建てられるでしょう。

本記事を読んで西海岸風のお家が気になった方は、モデルハウスや住宅展示場に行ってみて、空間の使い方や光の入り方を体感してみてください。

モックハウスマガジンでは、他のテイストのお家も写真付きで紹介しています。西海岸風以外のテイストも気になる方は、ぜひご覧ください。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする