【写真付き】南欧風のお家5選
ナチュラルなカフェ風の家(株式会社エクセレントホーム:インターデコハウス新潟)

【写真付き】南欧風のお家5選

2021.08.29

家づくりを始めるときは、間取りやインテリアを決める前に「お家全体のテイスト」を考えなくてはいけません。

テイストを決めてからでないと、お部屋同士のインテリアがチグハグな印象になったり、せっかく買ってきた家具や小物が合わなかったりするかもしれません。

和風や洋風から、シンプルやヴィンテージまで、最近はいろいろなテイストのお家があります。どのお家も魅力的で、テイストがなかなか決められない方も多いかもしれません。

今回は、南欧風のお家の魅力を、たくさんの写真付きで紹介。

素朴な質感、淡くやわらかな色のアイテムを多用する南欧風のお家には、リゾートのような「ゆっくり流れる時間」があります。

日々の暮らしを丁寧に楽しめるのが、南欧風のお家の魅力です。そのために、どんなお家を建てればいいのか、写真付きで解説します。

家族が元気に暮らせる省エネの家(自然派ライフ住宅設計㈱)

最初に紹介する「家族が元気に暮らせる省エネの家」は、淡いベージュとオレンジの瓦屋根があたたなか、南欧風の外観のお家です。

こちらのお宅、夜になると…

窓からオレンジの明かりの漏れてきます。室内の照明を暖色系で統一することで、エクステリアの一部として活用しました。

いかにも南欧風らしい、素朴であたたかみのあるイルミネーションです。

やわらかな光で満たされた玄関ポーチは、お家に帰ってきたことを実感させてくれます。

仕事や学校で疲れていても、この明かりを見れば、ホッと一息つけるはずです。

玄関ホールは、アイアンの凝った照明と緑のリースでナチュラルに仕上げました。

南欧風のインテリアには、このような素朴なデザインがよく合います。

リビングではナチュラルな木材を多用し、自然を感じられる造りにしました。

南欧風のお家には、無垢の床板が似合います。よく使われるのはブラウンですが、空間全体が華やぐような、明るい色合いもおすすめです。

KAJIRAKU NATURAL case.33(DETAIL HOME)

続いて紹介する「KAJIRAKU NATURAL case.33」は、南欧風の真っ白な壁が特徴です。

エクステリアは白でほぼ統一。差し色を極力抑え、お家全体が明るい雰囲気になるよう仕上げました。

玄関ホールには淡いベージュのレンガを使い、あたたかな印象にしました。

仕事や学校に元気にでかけられるよう、窓から光のよく入る、明るい玄関を意識しています。

リビングは地中海のリゾートを意識して、木のシーリングファンを付けました。

外観や玄関と同じく、明るく淡い色で統一したリビングでは、思い切りリラックスできます。

小上がり風の畳スペースは、大の字になってお昼寝ができるくらいの広さです。

窓から入る陽を浴びて、天井で回るシーリングファンを眺めながらウトウトするひとときはたまりません。

畳の色を緑ではなく、ベージュにしたのもポイントです。

南欧風の雰囲気を壊すことなく、自然に和のテイストを入れました。

時を経て温もりを感じるプロヴァンススタイルの家(株式会社エクセレントホーム:インターデコハウス新潟)

続いて紹介する「時を経て温もりを感じるプロヴァンススタイルの家」は、フランス南東部にあるプロヴァンス地方を意識したお家です。

南欧風のスタイルの中でもあたたかみがあり、経年変化を楽しむことを重視したデザインです。

玄関ホールでは、南欧風の定番アイテム「タイル」をアクセントとして採用しました。

玄関のマチ、階段の一段目などの「境目」にのみタイルを使用。それぞれ異なるデザインのタイルを使っているのもポイントです。

こちらはモザイクタイルを使い、「素朴さ」を意識した洗面台です。オーガニックの石鹸やボディクリームといった小物も、内装の雰囲気によく合っています。

経年変化を楽しむプロヴァンススタイルでは、家具選びも重要です。

リビングには革張りのソファに無垢のテーブル・椅子など、時間が経つほどアンティークな美しさが出てくるアイテムを置きました。

寝室に置く家具は、フランスアンティーク調のもので統一しました。

時間が経てば経つほど、家具の一つひとつにの味わいが増していきます。

ナチュラルなカフェ風の家(株式会社エクセレントホーム:インターデコハウス新潟)

続いて紹介する「ナチュラルなカフェ風の家」では、明るくやわらかな雰囲気にこだわりました。

淡いイエローを基調にしたエクステリアの中で、はっきりとしたグリーンが目を引きます。

ベランダや玄関ポーチには、南欧風のお家の特徴である「アーチ型」を採用し、ナチュラルな雰囲気を高めました。

重厚な無垢の玄関ドアの横には、カフェらしさを引き立てるための小物を配置。季節の植物を植えた鉢を置くのも良さそうです。

玄関ホールにもこだわりのインテリアを配置しました。

ガラスとアイアンで作られた素朴なランプと、アーチ型のニッチが、互いを引き立てあっています。

リビングは「田舎の素朴なカフェ」をイメージして仕上げました。

南欧風らしい白い塗り壁、自然な焼き色が美しいレンガ、低く吊られた裸電球が、素朴な雰囲気を高めています。

アーチ型のホールとアンティーク調の壁時計も、よくマッチしています。

もちろん、キッチンもリビングと同じテイストで統一しました。

フラットなキッチンカウンターとIHは、汚れや水がはねてもサッと拭き取れます。

ほかにも広めのシンクに大容量の収納棚など、素朴であっても使いやすいキッチンであるよう、こだわりぬきました。

光が降り注ぐ家(イワコンハウス新潟株式会社)

最後に紹介するのは、「光が降り注ぐ家」がテーマのこちらのお家。淡いベージュとオレンジのタイルが目を引く、南欧風らしい素朴な玄関ポーチです。

お部屋の隅々にまで光が降り注ぐように、吹き抜けのリビングには大きな窓を設けました。

奥の畳スペースでは足を伸ばして、のびのびとお昼寝ができます。

キッチンには大容量の収納スペースを完備。パントリーの出入り口の、緩やかな曲線を描くアーチが、空間全体をやわらかな印象にしてくれます。

キッチンカウンターに素焼きのレンガを使うことで、ナチュラルな雰囲気を高めました。

全体に素朴な建材を使い、明るくやわらかなお家に仕上げました。

南欧風のお家にはやさしい光が降り注ぎ、ゆったりと時間が流れる

モザイクタイルやレンガ、塗り壁など、南欧風のお家では素朴な建材を多用します。全体を淡く、明るい色合いで統一するのも、その特徴です。

素朴な建材とやさしい色合いの南欧風のお家では、仕事や学校のことを忘れて、のんびりくつろげるでしょう。

地中海のリゾートのような、ゆったりと時間の流れる空間が、そこにはあります。

本記事を読んで南欧風のお家が気になった方は、モデルハウスや住宅展示場に行ってみて、その豊かな暮らし方を体感してみてください。

モックハウスマガジンでは、他のテイストのお家も写真付きで紹介しています。南欧風以外のテイストも気になる方は、ぜひご覧ください。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする