【写真付き】モダンテイストのお家5選
絞られた光(株式会社高田建築事務所)

【写真付き】モダンテイストのお家5選

2021.08.29

家づくりを思い立ったとき、最初に考えるのは「お家のテイスト」でしょう。

和風や洋風から、シンプルやヴィンテージまで、最近はいろいろなテイストのお家があります。どのお家も魅力的で、テイストがなかなか決められない方も多いかもしれません。

そこで今回は、モダンテイストのお家の魅力を、たくさんの写真付きで紹介します。

モダンとは、「現代的」「当世風」などの意味を持つ言葉。モダンなお家とは、簡単にいえば「今風でおしゃれな家」のことです。

「今風でおしゃれな家って、どんな家?」と気になる方は、この先もぜひご覧ください。

絞られた光(株式会社高田建築事務所)

まず紹介するのは「絞られた光」がテーマのこちらのお宅です。外観では、個性的なガレージや玄関ポーチが、モダンな印象をかもし出します。

外から見てわかる通り、こちらのお宅では小さな窓を規則的に並べています。「絞られた光」を演出するためのこの窓からは、どんな風に光が入るのでしょうか。

こちらは2階にあるLDKです。ダイニング部分は造り付けの棚を挟み、小さな窓を上下に2つ並べました。

このように窓を小さくして分けることで、「絞られた光」を演出。窓の配置を上下にすることで、光を絞りながらも、十分な明るさを確保しています。

リビング側のスペースは一段高くし、シンプルな柵を設けることで、生活空間にメリハリを出しています。

シックな色味とあえて無機質な素材を使うことで、ダンスホールのような雰囲気を演出。モダンテイストでは、素材にこだわることが欠かせません。

キッチン前にはスタディコーナーを確保しました。間接照明のやわらかな光と、落ち着いた色味の壁が、集中力を高めてくれます。

勉強中に余計な物が目に入らないよう、棚を高めの位置に備え付けたのもポイントです。

ムキシツ×モノクローム×ユウキシツ(株式会社ゼロスタイル)

続いては、「ムキシツ×モノクローム×ユウキシツ」がテーマのこちらのお宅。ナチュラルで有機質な木材、無機質な鉄骨を組み合わせ、モダンに仕上げました。

有機質と無機質のコントラストを邪魔しないよう、壁や扉はモノクロームで統一しています。

家族団らんの場であるリビングには暗い色や無機質な素材をなるべく使わず、リラックスしやすいように仕上げました。

吹き抜けの天井からは、有機質な自然光がたくさん入ります。

ダイニングキッチンは色味を押さえ、都内のカフェのような雰囲気に。ダイニング部分は有機質な、キッチン部分は無機質な印象になるよう、色味や素材の使い方を調整しています。

キッチンの壁には、リサイクルセメントボードを使用。無機質な壁に、木の質感があたたかい食器棚を組み合わせることで、モダンな雰囲気を高めました。

ボルダリングウォールが特徴的なモダン住宅(クレバリーホーム新潟 (株)又助組)

こちらのお宅は、なんとボルダリングウォール付き。カラフルな壁は、モダンなインテリアとして大活躍です。

もちろん、床にマットを敷けば、実際に登ることだってできます。

ボルダリングウォール以外のインテリアは、全体的にシックな印象に仕上げました。

リビングスペースのヘリンボーンの壁紙が、シックな空間で良いアクセントになります。日中は自然光のよく入る横長の窓が、一層目を引くでしょう。

キッチンダイニングには、大きなカウンターを設置。作った料理をその場で食べたり、お茶やお酒をゆっくりたしなんだりできます。

夜はバーのような雰囲気になる、自慢のカウンターキッチンです。

デザインだけでなく、実用性にもこだわりました。縦長のファミリースペースには、天井まで届く棚を設置。

お気に入りの小物や本を、好きなだけ片付けられます。お子さんと一緒に絵本を読めるよう、幅は広めに確保しました。

大容量のウォークインクローゼットには、家族全員分の服を収納できます。ここまで広いウォークインクローゼットがあると、衣替えも楽々できます。

仕切りを細かく設け、一人ひとりの服を分けて収納できるようにしたのもポイントです。

出窓の家(株式会社あかがわ建築設計室)

続いてのお宅は、大きな出窓が特徴です。大きな出窓の障子を開けば…

ご覧の通り、どこまで続く空が一望できます。夏は真っ青な空と太陽の光が、冬は周りの屋根に積もった雪が、それぞれ季節を感じさせてくれます。

さながら旅館のような雰囲気の、こだわりの出窓です。

出窓は外観のアクセントにもなっています。内側の、旅館のような内装と反対に、外観は洋風に仕上げました。

和と洋の絶妙なコントラストを楽しめるのも、モダンテイストの魅力です。

外観は、離れて見れば洋風ですが、玄関ポーチには和の装いを取り入れました。

ささやかに主張する植栽と、シックな色合いの木の目隠しが風流です。

玄関から入ってすぐのリビングスペースは、あえて無機質な印象に仕上げました。

お部屋の無機質な雰囲気と、大きな窓から見える緑が、絶妙なバランスで噛み合います。この「無機質と有機質のコントラスト」もまた、モダンテイストの魅力といえます。

充実収納のスタイリッシュハウス(DETAIL HOME)

最後に紹介するのは、「充実収納のスタイリッシュハウス」がテーマのこちらのお宅。スペースを無駄なく使ったウォークインクローゼットには、たくさんの服やアクセサリーを収納できます。

なるべく多くの服を吊るし、どこに何があるのか、一目でわかるようにしたのがポイントです。

広めに取った物干しスペースには、自然光がよく入るよう、大きな窓を作りました。

窓を開ければ自然の風が吹き込み、洗濯物もすぐに乾きます。

「スタイリッシュハウス」の名前の通り、内装はシックに統一しました。

マットな質感の木の床板と、光沢感のあるタイルの壁を組み合わせること、モダンな雰囲気を演出しています。

キッチンカウンターにはグレーの壁紙を使い、無機質な印象を与えました。

色の持つ印象や素材の質感をうまく組み合わせれば、色の数を抑えても、メリハリの効いたインテリアがつくれます。

モダンテイストのお家には、家族のこだわりが詰まっている

モダンテイストのお家はインテリアやエクステリアの一つひとつが特徴的で、他のお家にはない雰囲気があります。

異なる質感の素材を掛け合わせたり、色味を抑えながらメリハリのあるインテリアをつくったり…。

こだわりの詰まったお家を建てたい方には、モダンテイストはピッタリです。

モダンテイストが気になる方は、モデルハウスや住宅展示場に行ってみて、実際のお家を見てみてください。

モックハウスマガジンでは、他のテイストのお家も写真付きで紹介しています。モダン以外のテイストも気になる方は、ぜひご覧ください。

この記事を書いたひと
モックハウスマガジン編集部
モックハウスマガジン編集部

モックハウスマガジンの編集部員。
家づくりの気になる疑問や、知ってほしい情報を日々お届けしています。

モックハウスをフォローする