新築で地盤調査は必要は?かかる費用や調査内容も解説

新築で地盤調査は必要は?かかる費用や調査内容も解説

2021.08.26

家を建てる前にほぼ必ず行うのが、地盤調査です。家そのものがどんなに丈夫でも、それを支える地盤が弱ければ、安全な暮らしはできません。購入した土地の地盤が弱ければ、地盤改良も必要になります。

いつまでも安心して暮らせる家を建てるために、地盤調査は欠かせません。とはいえ、地盤調査と聞くとなんだか難しそうで、どうしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は地盤調査の具体的な方法から、かかる費用や調査結果の確認方法まで、わかりやすく解説します。

地盤調査とは?

地盤調査とは、戸建てやマンションなどの建物を建てる際、土地が建物の重さに耐えらるかを調べることです。

地盤調査で土地の地盤が弱いとわかった場合、その土地の強度や地質に合わせた「地盤改良」を行います。

なお、弱い地盤は「軟弱地盤」と呼ばれ、やわらかい粘土や砂などで構成されています。

地盤調査が必要な理由

新築住宅を建てる場合、地盤調査はほぼ確実に行われます。主な理由は2つあり、「家族がいつまでも安全に暮らせる家を建てるため」と「不動産会社が保険に入るため」です。

どんなに頑丈な家を建てても、地盤が弱ければ安全とはいえません。土地が弱ければ時間の経過とともに建物が沈み、傾いてきます。地震で土地が液状化すれば、建物が傾いたり倒壊したりすることもあるでしょう。いつまでも安全に暮らせる家を建てるには、土地が建物の重さや地震に耐えられるかを調べ、必要に応じて改良を加えなければなりません。

また、新築した家の引き渡しから10年以内に、先述のような不具合が起こった場合、不動産会社には無償補修や損害賠償などの保証責任が発生します。これは「契約不適合責任」と呼ばれ、法律で定められたものです。

そのため、多くの不動産会社は契約不適合責任に備えた保険に加入します。ただし、保険に加入するには地盤調査をしなくてはなりません。

地盤調査は新築住宅に住む側にとっても、建てる側にとっても、身を守るために欠かせないものといえます。

地盤調査で調べること

一般的な戸建てを新築する場合、地盤調査では建物を建てる場所の4隅と真ん中の1ヵ所、合計5ヵ所の強度調査を行います。5ヵ所の調査ポイントに、先端がスクリュー状になった鉄の棒を挿し、回転貫入させていくことで地盤の強度を調べます。

なお、貫入(調査)の深さは10mほどが一般的です。

地盤調査をするタイミング

一般的に、地盤調査をするタイミングは土地を購入した後、家を建てる直前です。地盤調査の結果によっては、地盤改良をしてから新築の工事が始まります。

土地購入前に地盤調査をすることも可能ですが、その分費用がかかります。新築戸建ての場合は1回5万円ほどの費用がかかるため、気になる土地が見つかるたびに地盤調査をしていては、かなりのお金がかかるでしょう。

とはいえ、大規模な地盤改良が必要になれば、それはそれでお金がかかります。何も調べず土地を購入するのはリスキーです。土地選びは、工務店と相談しながら進めましょう。

熟練の工務店なら地盤調査をせずとも、その土地がどんな地盤なのか、大まかな予想は立てられます。工務店からアドバイスをもらいながら、土地そのものの価格、地盤改良の必要性やかかるであろう費用を比べれば、土地にかかるお金の目処が立てられるでしょう。

立て替えの地盤調査はいつやるの?

購入した土地に家が建っていたり、実家のある土地に新居を構えたり、建て替えで家を新築する方もいるでしょう。建て替えの場合は、古い家を取り壊した後に地盤調査を行います。

すでに家の建っている土地の場合、その家を建てるときに地盤調査をしているかもしれません。しかし、時間の経過とともに地盤の強度や周辺環境は変わっています。

「前に地盤調査したみたいだし、大丈夫だろう」と油断していると、家が建ってから大変なことになるかもしれません。建て替えでも、地盤調査は必ず行ってください。

地盤調査の3つの方法と、それぞれの費用

戸建て住宅では、SWS(スウェーデン式サウンディング)試験と呼ばれる地盤調査を行うのが一般的です。

SWS試験は先述の通り、先端がスクリュー状の棒を地盤に挿し、回転貫入させて地盤の強度を測る方法です。鉄の棒におもりを付けて、どの重さでどのくらい沈むのかを調べたり、決められた深さまで貫入させるのにスクリューが何回転したかを調べたりして強度を計測します。貫入時の音や感触なども、重要な調査材料です。

SWS試験のほかには、「ボーリング調査」や「表面波探査法」などが挙げられます。それぞれどんな調査方法で、どのくらいの費用がかかるのか、確認しておきましょう。

調査方法主な用途調査の内容費用目安
SWS試験戸建て住宅地盤に回転貫入させた鉄の棒に加えた荷重や、回転数から強度を計測5万円ほど
ボーリング調査マンションやビル土地を深く掘って土を採取・調査したり、地下水位の深さを調べたりして強度を計測30万円ほど
表面波探査法戸建て住宅地盤に振動を与え、振動が伝わる範囲や速さから強度を計測8万円ほど

地盤調査報告書の内容は工務店に説明してもらう

地盤調査が終わると、地盤調査報告書がもらえます。報告書には地盤調査の計測データや、時代ごとの周辺地図などが載っています。その土地が現在どんな土地なのか、過去はどんな土地で、どのような変化を辿り今の姿になったのかなどがわかるでしょう。

地盤調査報告書は数十ページにわたる長い書類で、内容も複雑です。一般の方が見てもわかりづらいので、工務店の担当者に説明してもらいながら、一緒に内容を確認しましょう。

家が建ってから後悔しても遅い!地盤調査は必ずしよう

ほとんどの家は、地盤調査をしてから建てられています。新築住宅はもちろん、建売住宅もマンションも、工事前にまず間違いなく地盤調査をしているでしょう。

地盤改良が必要だった場合、家が建ってからでは遅いからです。地盤の調査や改良に、多少の費用はかかるかもしれませんが、家が傾いたり倒壊したりしてはもっとお金がかかります。地盤が弱い土地は、地盤改良でしっかり強化してから、家を建てましょう。