和と洋の溶け合う心地いい暮らし

オーバーハングによる 構造サイズUPを逆手に取り、内から外へとつながる深い軒の高さを2,200に抑えた。 空間全体の重心を低く抑えたLDKと光の重心を落とした和の空間。 バランスを配慮されたふたつの空間のつながりが、心地いい日常をもたらしている。

仕様

建物種別-
エリア新潟県燕市
延床面積35.9坪
敷地面積55.0坪
家族構成-
耐震性-
断熱性能-

この家づくりのテーマ

このビルダーの他の建築実例