Mockhouse新潟

新潟最大級の家づくり情報サイト「モックハウス」

  • 自然素材の家
  • 高気密・高断熱
  • 平屋

シンプル・ナチュラル・モダンな階段の実例写真

階段手摺も抜け感を損なわないように縦格子を造作デザイン

階段手摺も抜け感を損なわないように縦格子を造作デザイン

ブラックでスタイリッシュな外観。色味だけで単調にならない外壁素材を変えて質感のアクセントとしたオープンインナーガレージからは雨や雪に濡れずに玄関までアプローチ出来る玄関ドアは親子ドアを利用して出入り幅を広く出来るように配慮。軒天のレッドシダーと色味を合わせて温かみあるポーチエントランスは天然石のバンピーウォールがお出迎え。間接照明で照らす事でタイルに陰影が生まれ上品な印象に可動棚の色をグレー色に。背面にもアクセントクロスでグレーを入れた事で後々の汚れ防止対策にリビングからホールにはクアドロスリムを2枚利用。大きなガラス戸でホールに採光を届けるボイド+リビングからつながる和室は、ゴロゴロする居心地の良い場所リビングにはテレビ台を置かずに壁掛けテレビを採用する事で空間をスッキリさせた和室を小上がりにして下の空間を利用して、レコーダー配線も完備4.5帖の和室は吊り押し入れとする事で空間を広く見せ、収納力をUPしたボイドからつながる2階の手摺壁は縦格子で造作。安全対策をしつつ、抜け感を損なわないようなデザインダイニングテーブルの高さに合わせてキッチンニッチ。好みの観葉植物や雑貨が並ぶ予定♪キッチンにはカップボードを置かずに食器を隠す扉を計画。扉は圧迫感を出さないように軽量のアクリル素材を使用したキッチン脇に大きなニッチを計画。スイッチ等をまとめてスッキリ。空いたスペースには掲示物を飾る。全面マグネット仕様の木目柄パネルを使用した洗面台とランドリースペースは別々に。浴室までに一直線の動線計画ランドリー上部には室内窓を造作してボイドから取り入れた採光を届ける。乾太くんを取り入れた作業台と収納を兼ねた造作カウンター上部の扉は配管とコンセントを隠しつつ、点検用に開閉する階段手摺も抜け感を損なわないように縦格子を造作デザイン階段下の小スペースも無駄なくルンバ基地に。電源も完備ボイド空間の冷暖房の効率を考えてシーリングファンを採用。より良く快適に過ごせるような設備計画10帖のボイド、南東、南西の特注サッシから採光を届ける。窓の上に掘り込み造作をしてロールスクリーンを隠蔽寝室は落ち着くグレークロスをアクセントに。造作カウンターは携帯充電が出来るように、天板にコンセントを計画寝室からつながる大容量の4帖ウォークインクローゼット間接照明が印象的な落ち着くトイレ空間。アクセントにチークの無垢材を壁に使用。下地替わりにも使えるので雑貨を飾るアートウォールになる予定♪

このビルダーが気になる方へ

資料請求

資料請求

会社案内や施工事例集など、ビルダーのことがよくわかる資料やパンフレットをお送りします。資料は、ご入力いただいた情報を元に、各ビルダーより直接送付されます。

詳しくはこちら
個別相談

個別相談

家づくりの流れや、プランづくり、資金計画など、各ビルダーに直接ご相談いただけます。建築実例、対応エリア、金額感など、気になる事は個別相談でお尋ねください。

詳しくはこちら

#階段の写真

天然芝の中庭を囲む明るい住まいの階段写真

天然芝の中庭を囲む明るい住まいの階段写真

天然芝の中庭を囲む明るい住まい広々としたLDKとホールから望むことのできる中庭が特徴の住まい。大開口の窓が連なり、庭との一体感をもたらしています。また、L型のプランニングの中で、効率的な動線配置を生み出し、子育て家族に嬉しい家事負担の軽減を実現しました。

天然芝の中庭を囲む明るい住まい

街中で陽光をつかみとる「紫竹の家E」の階段写真

街中で陽光をつかみとる「紫竹の家E」の階段写真

【コンセプト】 新潟市中央区紫竹の住宅密集地。限られた敷地の中で最大限庭をとって外部とつなげつつ陽光を得られるよう計画した。外形は切妻の大屋根とし、屋根の頂部に大開口を設け日射取得を図った。開口には奥行きのある窓枠をつけ、象徴的な外観を演出するとともに日射遮蔽の装置とした。 南側2階外壁は杉板の縦張り、1階は黒く塗装した杉板の縦張り。2台分の駐車スペースを確保しつつ、広い屋外デッキを設け、その周囲を植栽スペースとしている。 1階内部空間は、空間をつなげることで広く開放的な空間とした。 ワンルームではあるが、壁によってダイニングスペース・リビングスペース・ワークスペースと区切られている。なお、ワークスペースは可動する壁によって生活空間と完全に仕切ることも可能。天井は板張りとし、アンティークの家具と色調をコーディネートした。 2階内部空間は、吹き抜けを中心に明るく開放的な空間となっている。 吹き抜け上部には大開口から陽光がふりそそぐ。大屋根の頂部部分は広いロフトとなっており、収納と趣味スペースを兼ねる。 空調は、暖房を床下エアコン、冷房をロフト設置のエアコンにて行う。屋根および外壁には付加断熱を施した。 Ua値0.32/暖房負荷23.8kWH/㎡

街中で陽光をつかみとる「紫竹の家E」

32坪総二階ぷらん!愉しみと空間が広がる暮らしの家の階段写真

32坪総二階ぷらん!愉しみと空間が広がる暮らしの家の階段写真

5人家族で暮らす32坪の住まいは「子供たちが走り回れるように」というお施主様の希望の壁付キッチンで、回遊性のあるLDK はスッキリとし想像以上に広くゆったりなった。オフホワイトの外観に1350㎜の深い軒の出と、そこから吊るした吊りデッキは家の前を通る人々の目を惹く存在感に。無駄を省きスッキリシンプルに暮らす住まいが完成した。7272㎜*7272㎜の真四角の中央にある大黒柱は蔵里の構造スタイルで、4方から梁を支える大切な太い柱は存在感たっぷり。蔵里標準仕様の杉の無垢材で造るスケルトン階段はLDK内に配置するのが基本で、手摺の寸法など細部までこだわるディテール。キッチンとダイニングの間にある食器棚は料理を置いたり作業台としても活きる便利なカウンター。食器棚を中心に2方向からの家事動線を可能にした水廻りや、家族と一緒に料理ができる開放的なキッチンは「魅せるキッチン」となる。2階ホールはフリースペースとし、将来間仕切り部屋としても使える。ロフト収納など大いに空間を活かした設計だ。

32坪総二階ぷらん!愉しみと空間が広がる暮らしの家

関連するスタイルの写真

素材のイロドリを生かすのキッチン写真

素材のイロドリを生かすのキッチン写真

ウォルナットの落ち着きに、炭化させ天日干ししたメルバウのグレーが大人な雰囲気をつくる。 リビングは構造材を現した勾配天井にして、開放的な空間に。 要所にウォルナット、メルバウ、塗り壁を使用し素材感を大切に。

素材のイロドリを生かす

KAJIRAKU NATURAL case.32の居室写真

KAJIRAKU NATURAL case.32の居室写真

グリーンの外壁・大きな吹抜け・ダウンフロアリビング・水廻りストレート動線・各種造作家具!

KAJIRAKU NATURAL case.32

家族が集うダウンフロアリビングの住まいの玄関写真

家族が集うダウンフロアリビングの住まいの玄関写真

リビングを中心に、畳スペースやダイニングキッチン、吹抜けやテラスへとつながりを感じることができるプランニング。 ダウンリビングと吹抜け、あらわしの階段が生活を楽しくする。 リビング入り口にはオリジナルの造作建具を使用し、空間にアクセントをつけた。 水回りは回遊出来るよう設計し、キッチンからもアクセスしやすい家事楽な動線。 構造にはプレウォール工法を取り入れ、耐震にもこだわった住まいを実現。ダウンフロアで広々リビングリビングはダウンフロアにすることで視線をずらし、空間が広がる。和室に寝転がったときにソファの人と目線が近くなり、家族でコミュニケーションが弾む。照明を工夫した高級感あるキッチンキッチンは石目調のダークカラーでまとめた。キッチンからダイニングテーブルまでライティングレールを使用し、ペンダントライトの位置を調整できるようにした。

家族が集うダウンフロアリビングの住まい