Mockhouse新潟

新潟最大級の家づくり情報サイト「モックハウス」

  • 自然素材の家
  • 高気密・高断熱
  • 平屋

北欧風な居室の実例写真

濃紺の壁がアクセントの寝室。床は木目の表情豊かなアカシアのフローリングを使いました。

濃紺の壁がアクセントの寝室。床は木目の表情豊かなアカシアのフローリングを使いました。

このお宅は、30坪の平屋に回遊動線や適材適所の収納など暮らしやすさにつながる要素をプラスしたお宅です。 重量木骨ならではの、広がりのあるリビングダイニングやキッチンと一体に使えるお部屋など、限られた空間を無駄なく使えるようにしました。勾配天井の広がりを持たせたリビングダイニング。ウォールナット床とグレーのタイルで落ち着いた印象のインテリアに。高窓から光がふりそそぐリビング。室内から空への抜け感を楽しめる。収納付きの造作カウンター。リビングやダイニングまわりの小物を収納するのに便利。キッチン脇の子供室。2枚の引込戸で開口を広く取り一体に使えるようにしました。ダークグレーのキッチン。背面のカップボードは家電製品をたくさん並べられるよう2.7mのゆとりある長さにしました。ホールからキッチンへの動線とファミリークローゼットを通って洋室へつながる2つの動線、両者は回遊できるようになっています。濃紺の壁がアクセントの寝室。床は木目の表情豊かなアカシアのフローリングを使いました。ダイニング隣りの洋室。収納部分の壁は構造上必要な壁にせず、隣りの洋室と一室としてリフォームすることも可能です。ランドリールームと引戸で仕切れる脱衣室。カウンターや棚を造作して、タオルや小物などを収納できるスペースに。壁面収納のある玄関&ホール。リビングへの動線とは反対側に洗面への動線も確保。 玄関ホール隣の洗面スペース。収納たっぷりのドレッサー兼洗面台。ランドリールームへもつながっているので、洗濯動線としても便利。大容量のウォークインクローゼット。ランドリールームの近くにあり、奥の寝室へ通り抜けられる、使いやすいウォークスルー型。ブラウンの金属サイディングを使った外観。片流れの屋根でシャープなイメージに。
場所#居室
スタイル#北欧風
ビルダーアーキレーベル
建築実例平屋+αの家

#居室の写真

MODARN  CUBE STYLEの居室写真

MODARN  CUBE STYLEの居室写真

2世帯住宅でと子依頼がありましたが祖父とお子様たちが離れすぎないように簡易2世帯です。玄関すぐに祖父の部屋や洗面・バスルームがありリビングや和室は共有に。ホールからの階段で子供たちの足型のステンシルも思い出に。リビングはシックに仕上げ和室もグレーの畳とおしゃれ。1階2階共に収納はたっぷりと。祖父との同居はまだ先なので洋間はとりあえず客間として使用。モダンにかっこよく仕上がりました。

MODARN  CUBE STYLE

HOUSE_Sの居室写真

HOUSE_Sの居室写真

間口が狭く東西に細長い敷地に建つ2世帯住宅。 2階を共有スペースとする3階建ては外観からのコンパクトな印象とは全く違った内部空間が広がる。 玄関や水周りは共有しながらも世帯ごとの居住スペースを明確に分け、住む人の暮らしかたから居住性が生まれた二世帯住宅です。

HOUSE_S

関連するスタイルの写真

ぐるぐる動線で家事を楽チンにのリビング・ダイニング写真

ぐるぐる動線で家事を楽チンにのリビング・ダイニング写真

アイランドキッチンで叶えるぐるぐる動線。キッチンの目の前には畳コーナーもあるので、そこにお子さまを遊ばせながら目を離すことなく安心してお料理ができる。

ぐるぐる動線で家事を楽チンに

斜光の家のリビング・ダイニング写真

斜光の家のリビング・ダイニング写真

敷地は都市部の住宅密集地。空き家になっていた持ち家の建替えの計画です。敷地は、南面を隣家によって大きく遮られ、建替え前の暮らしでは、日中も照明をつけることを余儀なくされていた。 さらに敷地は、前面道路に対して敷地間口が約8mとやや狭いながらも、4台分の駐車スペースと3〜4台の駐輪スペースの確保をご希望されていた。そのため、太陽光シミュレーションや模型、3Dパースなどにより、配置計画とボリューム検討を重ねた末、この計画に至った。外観ファサードは、建物高さをできるだけ低く抑え、近隣との調和を図った。外壁上部はガルバリウム鋼板で軽い印象とし、下の玄関アプローチ部分を趣のある左官仕上げの塗り壁とした。 前面道路からの目隠しとして設けた木格子は、やわらかな光の印影を生み出すことにも一役買っており、さらに深い軒や木格子により、建物重心を低く見せる効果をつくり、ファサードをより一層落ち着きのある印象へとしている。内部は、南の斜めから差し込む光をできる限り室内へ取り入れるため、素直に壁を斜めに向け、開口部を長く大きくすることにした。斜めの壁は、庭を通じて近隣の植栽をうまく取り込みながら外部と程よくつながっており、室内も床が伸びたような錯覚で、より広く奥行を生み出す効果を持っている。 そのため他の窓の位置や高さ、大きさなどにも気を使い、外部への抜け感を意識した。光を取り込んだ室内をより明るく、そしてより広く見せるため、極力シンプルな間取り構成とし、シンプルな色や素材、シンプルなデザインを意図したが、シンプルな構成は時としてチープな印象を与えかねないため、ディテールに注意を払い、より繊細な素材使い、繊細なデザインを心掛けた。

斜光の家